横浜観光なかはらタクシー

TX4

TX4の独り言
第31話~

 毎日毎日、路上で様々なお客様と出会い、いろいろな事が起こります。 仕事としてクルマを運転すると、走る距離や時間が半端なく長いので、これまた色々な事が起こります。 そんな日々の運転席から見える景色、印象に残るお話など、つらつら思うがままに書き留めています。
TX4君の独り言を聞いてやって下さい。




第31話 久々の街歩き【横浜道を歩く】

2019/10/19 累積走行 285,818km

 久しぶりに横浜個人のメンバーと観光研修街歩きを行いました。 今回はラジオタクシー三慶交通の松本哲也さんも同行しました。 私たちの会は、学びたいという意志さえあれば、会社や協組の別なく垣根を設けません。 今回の街歩きのお題は、、、

「横浜道を歩く」

「横浜道」と聞いてピンと来たら、貴方はかなりのヨコハマ通です。 これは幕末、横浜の街や港を建設するに当たって同時に整備された道路で、東海道の芝生村から横浜関内までを最短経路で結んでいました。 コースは、現在の新横浜通り浅間下交差点付近から東海道と分かれて、平沼橋、平沼商店街、戸部通り、野毛坂、都橋、吉田橋と結んで関内へ至ります。 浅間下の分岐点には横浜市が設置した案内板があります。

 しかし、ツアーの出発点としては集合しづらい場所なので、京浜急行神奈川駅を起点にして、台町旧東海道を歩き浅間下へ向かう事にしました。 終点は野毛の「叶屋」です。 総延長約5,600mの街歩きで、その距離に不安を覚えるメンバーもいましたが、歩けなくなったらバスでもタクシーでも良いさ!ってな具合で気楽に行きます。 13:00から始まって、叶屋へ着いたのが17:30頃でしょうか、途中平沼1丁目で45分ほどお茶タイムを設けましたが1人の脱落者も無く歩き通しました。 一番キツかったのは掃部山公園の上り坂でしたね。 写真を見ると疲れ果てゲッソリとした顔もチラホラ見えます。(笑)

 




第32話 シリコン洗車

2019/10/27 累積走行 286,381km

 Youtubeで一部話題の「シリコン洗車」ですが、私なりに試してみて、どうやら最終形が見えてきましたので書き留めようと思います。 シリコン洗車は、6月27日の車両整備手帖で話題にしていますので、そちらも是非ご覧下さい。
 さて、ロンドンタクシーの黒はちょっと洗車をサボると汚れが目立ちやすく、水洗いで良いのですが小まめに汚れを落としてやらねばなりません。 シリコン洗車は汚れが付着しにくいとか言われていますが、雨の日の翌日など見ますと砂汚れが薄くコーティングされていて、車が汚れている状況に大きな変わりはありません。 ただ、シリコンが塗装面に乗っていると汚れのこびり付きが軽いというか、水でサッと流すだけで砂汚れはキレイに落ちてくれます。 その後、水を掛けながらボロ雑巾で細かい砂粒コーティングを拭ってやれば、ほぼ完璧に洗車は完了です。 勿論、流そうが擦ろうが、シリコンの超撥水状態は維持されています。

「シリコン皮膜は一度定着すれば汚れを付着させにくい」

 という事は言えます。しからば、シリコンを如何に効率よく塗装面に乗せて堅固な皮膜を作ってやるか、洗車の仕上げは此処に尽きるのです。
超面倒くさがりの私σ(^_^)bがお薦めするのは、「シリコンどぶ漬け工法」。 これが一番手っ取り早いです。

1.シャンプー洗車で車体の汚れをキレイに落とします。
2.濡れたままで良いので、シリコンKF96をどばっと撒きます。
3.濡らしたSHOPタオルを使って万遍なく塗り広げます。
4.塗りムラが無いように乗りの薄い所は適宜追加します。
5.12時間以上放置します。出来れば24時間以上放置。
6.水とボロ雑巾で洗車します。
7.乾いた柔らかい雑巾で拭き上げれば完成です。

シリコンの塗布量は、30cm四方当たり大匙2杯程度でしょうか。 別に多ければ塗りやすいですし、チマチマ塗り広げる手間を考えれば、どばっと撒いてドンドン塗り広げていく、そんな感じでやっています。 屋根上などは「どぶ漬けっぱなし」。放置プレーですね、屋根上が見えないワゴンはそれでも良いのです。 ボンネットなど平面ならばドバッと撒けますが側面は垂れてしまうので、SHOPタオルに適量を取って塗り塗りしていきます。
 最初に万遍なく塗り広げておけば、放置後に均等なシリコン皮膜が勝手に出来上がりますので、手間は本当に掛かりません。

 シリコン皮膜が完成しますと、ワックスが効いてツルツルしているという感じでは無く、乾いたボデーでも何かシットリとした触り心地というか、不思議な触感があります。 色々と撥水コート剤やワックス系は試しましたが、シュアラスターワックス等は本当に良い物だと思いますが、如何せん長持ちしません。 そこへ行くと「シリコン洗車」は一ヶ月に一回程度のメンテナンスで超撥水状態をキープし続けています。 何より、汚れがこびり付かずに直ぐ落とせる、雨上がりの洗車が苦にならない。

 シリコン洗車が話題になってから、信越化学工業KF96-50CSのAmazonでの販売価格が跳ね上がりました。 2,000円だった品物が3,000円超え、しかも品薄。(現在は落ち着いている様子です) 人気って、怖いですね。




第33話 街歩き【横須賀軍港巡り】

2019/11/24 累積走行 288,632km

 今回の街歩きは横浜を離れて、横須賀軍港巡りと洒落込みました。
 集まったメンバーは毎度お馴染み、横浜個人観光ガイドタクシー研究会の皆さんです。 横須賀には日本最古のドライドックはあるし、ヴェルニー公園、軍港巡りの観光船、 軍艦三笠、そして海軍バーガーで一杯飲みましょう、という企画です。 前日にテレ東「アド街っく天国」で横須賀を取り上げるという、正にドンピシャのタイミングで、 軍港巡り観光船の予約は満席でした。
 曇り空で若干寒い日曜日、13:00、京急汐入駅前に集合し「軍港巡り観光船」乗り場へ直行しました。 当日券も満席が予想されるなか、幸いな事に乗船券をゲット!出来ました。

 この観光船は横須賀軍港を一周する45分程度のショートコースですが、普段見る事の少ない潜水艦や米海軍の原子力空母などを 目の当たりにでき、ナイスなガイドさんの案内で非常に楽しめる内容になっています。 軍艦を見る、なんて一部軍事マニアの趣味でしょう、などと侮るなかれ。 これが実に面白い。横須賀へ観光しに行ったら、外す事の出来ないマストアイテムですね。 その後は三笠公園へ向かいましたが、もうグタグタ、だらだら。メンバーは観光船でお腹一杯になったようです。

 汐入駅から米軍ベース入口に掛けての雰囲気は、かつての横浜本牧に通じるものがあり、懐かしさが込み上げてきます。 誰とも無く、

「ハンバーガーとピザでビール!」

という掛け声が掛かり、飲み時間にはまだかなり早かったのですが、グダグダ一行は「どぶ板通り」へ向かいました。 超有名店「Honey Bee」ならご希望通り! と行くはずだったのですが、「アド街」効果(?)でピザ売り切れ。。。 何処までもグダグダな横須賀巡研でした。(爆)




第34話 Windows7終焉~その1

2020/01/19 累積走行 293,344km

 暫くぶりの独り言です。
 今年も皆様にとって良い年でありますように。

 Windows7のサポート終了が話題に上る今日この頃です。 数年前にWindows10がリリースされた時、私はいち早くアップデートを行っていました。 しかし、あまりにも使い勝手がよろしくないのと、あの最初に現れる水色一色の窓が超ダサくて、 数分後には元のWindows7に戻してしまっていました。(笑)  まあいずれWindows10へ完全切り替えになるまで待とうと。

 パソコンに嵌まるきっかけは実に1984年。 当時ポケットコンピューターという商品がSHARPとか電卓メーカーのカシオから発売されていて、 私が飛びついたのはSHARP製PC1245だったと記憶しています。 価格も安くて高級電卓的な趣ではありましたが、B5サイズくらいのドックが別売品であって、 そこにはミニサーマルプリンタとミニカセットテープレコーダーが搭載されていました。

 なんでカセットテープ?って思うでしょう?

 これは自分で書いたプログラムを記録しておいて、差し替えて色々仕事をさせるための物です。 今じゃプログラムはソフトやアプリと名前を変え、全てHDDやSSDに入ってますが、当時は本体内に大きな記憶容量を搭載していなかったのでね。
 これは相当遊べました。売掛買掛を記録して商売の手伝いに使ったり、ゲームを作ったりして、お陰でBASICプログラミングは一通りの勉強が出来て、 プログラムを自作することが出来るようになりました。  NECがパーソナルコンピューターをリリースしたのは1981年頃で、私がポケコンで遊んでいたのはその後のことです。 つまり、私にとってパソコンは高嶺の花で、手に入れることが出来たのはポケコンが精々だったという落ち。

 それから程なくしてNEC様のPC-8801を中古で手に入れる事になりました。 当時はバブル景気で、周囲の商店主達は皆んな小金持ちでした。 なんか流行っているからとか、これで面倒な経理も出来ますよ等と税理士におだてられて買ったは良いけど使えないPC-8801!!(笑)
 そりゃそうですよ、パソコンを買っても使い方を知らないんだもの。おまけに本体だけでプリンタが無い。(笑)

「あげるよ、使えないから」

で、格安で手に入った本格パソコン!、、、、で?プリンタは?

「プリンタ???無いよ。」

 あのさープリンタの無いパソコンは実務で使い物にならないって、ポケコンで遊び倒してプログラムを学んだ私からすれば常識。 とは言え、σ(^_^)もあの巨大なドットインパクトプリンターを買う資金など有りません。 しかもNECは独自のBASICでして、これが扱いづらい。程なくしてホコリを被る羽目になりました。 その後、PC-9801マークⅡなんて奴も転がり込んできて、見かけは帳場にパソコンが2台も並ぶという、当時としては超進んだお茶屋さんになりました。  その後暫くパソコンとは縁が遠くなりました。

 1989年頃から私が旅客機に嵌まりだして、成田空港へ飛行機を撮りに毎週のように出掛けるようになりました。 B747を見るにつけ、なんで250tもの重量物が軽々と離陸していくのか? その壮大なスケール感に別世界を見て、私の探究心に火が付いたのです。 その当時、DOS/Vパソコンなるものが話題に上っており、Microsoftのフライトシミュレータなるソフトが飛行機仲間の中で憧れの的でした。

 空を飛んでみたい!  旅客機の操縦をしてみたい!

 そして1994年頃でしたか、手に入れたのが富士通FMVデスクパワー、 FMV-DESKPOWER H 499D3モデル420S、インテル486プロセッサー100MHzを搭載したPC/AT互換機、HDD容量は420MBでした。 17インチCRT、 秋葉原のパソコンショップで本体とCanonインクジェットプリンターと得体の知れないメーカーのでっかいSCSI(わー懐かしい単語)スキャナーを揃えてキックオフしたのでした。 今にして思えば総額45万円位支払った訳で、良くお金を持っていたなぁって感心しました。景気は良かったんですね~。OSはWindows3.1でした。 今じゃ信じられないでしょうが、ハードディスクなんて高価で買えなかったのですよ。
 程なくしてWindows95がリリースされ、その発売前夜から秋葉原の電器店前に大行列が出来るなど話題をさらい、パソコンが一気に世間へ広まりました。 使いやすくなった反面、BASIC使いの私では手の届かないCやらC++Javaなんていうプログラミング言語へ移行していき、 「パソコンを使う」という言葉の意味が “プログラムを書ける” から “使うだけ” になった転機でもありました。

 デスクパワー以降、市販のPCを買ったことはありません。2代目からは完全自作で、好き勝手にプラモデルを組む感覚でパソコンと付き合って来ました。 OSもその都度パッケージで買ってきました。DSP版とかは自作派には使い勝手が悪く、一貫してパッケージ派ですね。 今回のWindows10についてもパッケージで買うことを考えていました。




第35話 Windows7終焉~その2

2020/01/19 累積走行 293,344km

「パソコンが使えなくなるの?お父さん!」

溜め込んだ画像が見られなくなるんじゃ無いか、と娘が不安を訴えてきます。 なんか、1月14日からOSにロックが掛かるかの如きデマが飛び交っているようで、不安を煽られてしまったのでしょう。
 そう言えばWindows7からの無償アップデートは公式的には数年前に終わっていますが、実際、今でも出来ると聞いていたので、 お正月休み前に更新をやってあげる約束をしました。 ちなみにマシンはDELLのリース流れで1年前に15,000円にて購入した物。Core i5 3.2GHz、メモリ8GBかなんかで親父のメインPCより良い石を使った物です。 自分のメインPCもやらなきゃいけませんから、その前哨戦でやっつける積もりです。
 残すデータを全てHDDに移して、Cドライブに500GBのSSDを買ってやり、Windows10をクリーンインストールしました。 どうせやるならクリーンインストールです。 一度もアップデートしていないマシンですが、噂通り、呆気なくもクリーンインストール完了です。

 私のマシンは年代物でして、いつ頃組んだか覚えていないほどの骨董品。Core2Quad Q9550 2.8GHz、8GBです。Q9550は2008年のリリースなので、 たぶん、2009年頃の購入だと思います。途中でSSD化しているので、10年使っても体感的には全く不自由を感じないです。
 Windows10の公式無償アップデート期間中に一度だけ更新を掛けたことがあるのですが、あまりに物足りないので、7へ戻した経緯があります。 よって今回のアップデートも無償で出来るはずですから、パッケージは用意しませんでした。 上手く出来なかったら買えば良い。

こちらも呆気なくアップデート完了。

 しかし、Windows10の貧乏くさいロゴマーク何とかなりませんかねえ。毎回起動時にうんざりするんですけどねえ。 そこで起動画面の背景にWindows7の壁紙を使うことにしました。(爆笑)
 ついでに、Windowsの起動音もXPの音に変更しました。 これまた懐かしくて、これを聞いた嫁も大爆笑していました。

TX4の独り言 第 1話~第10話

TX4の独り言 第11話~第20話

TX4の独り言 第21話~第30話

TX4の独り言 第31話~第35話

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る